セゾンカードは大手のカード会社クレディセゾンが発行する年会費無料で永久不滅ポイントが特徴のクレジットカードですね。流通系クレジットカードの中でも、特に主婦層から支持を集めているカードです。セゾンカードにもマネーカードというカードローンが存在していて、100万円の限度額のもので利率15.0%、200万円で8.47%、300万円で6.47%というように大変シンプルな金利設定が特徴的です。

こちらのカードローン審査は他のカードローンと比べてどうなのでしょうか。通常、信販会社・クレジットカード会社のカードローンは審査が柔軟な傾向があるようですが会社ごとにかなり特徴に差がある部分もあります。セゾンカードの場合は審査のハードルは銀行カードローンほどは厳しくないようで、比較的柔軟な審査を受けることができそうです。

一般的にカードローンの金利というと○%~○○%というように金利帯で明記されていることがおおく、利用額によって適用となる金利が決定されるものですが、こちらは100万円の限度額なら15%というように決まっているのでわかりやすく、また金利も銀行カードローン並みに低金利ですよね。この金利が柔軟な審査で利用できるならかなりオトクな気がしますよね。

消費者金融は審査が柔軟ですが、利用するのはちょっと怖い気がするし…という人も、セゾンでしたらよく知っているクレジットカード会社ですし、安心感がやはり大きいですよね。対応も親切で丁寧と評判は悪くないようなので、審査に柔軟なカードローンを探しているのであればぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

インターネット銀行として徐々に力を見せているのは住信SBIネット銀行です。
インターネット銀行としては楽天銀行やジャパンネット銀行が優勢な中じわじわと人気を集めています。

この住信SBIネット銀行、SBI住信ともいわれていますが、どのようになっているのかをご紹介しましょう。
まず、この聞きなれないインターネット銀行の名称、どこが主体となって運営されているのか気になるところかと思います。
三井住友信託銀行、そしてSBIホールディングスが出資会社となりインターネット専業銀行として運営されています。

住信SBIネット銀行で取引を行うと4つ、メリットがあります。
その中の一つ、「手数料無料」についてみてみましょう。
他行あての振込手数料がひと月に3回まで無料になるということです。
同行間であれば何度でも無料になりますのでそれもうれしい特典です。
ただし、インターネット銀行としても最大手に挙げられている楽天銀行、こちらへの振込みは無料対象となっていませんので注意しましょう。
楽天銀行は非常に多くの利用者がいるため、普段のインターネットでの買い物の際には楽天銀行に振込みを行うことが実際には多いものです。
そのほかの選択肢として取り入れているところももちろん多くありますが、楽天銀行しか取り扱いがないというところも多いのは事実でしょう。

振込手数料が月に3回まで無料というのはメリットにもなりますが、楽天銀行には対応していないということを考えるとメリットとデメリットの両方を考える必要がありますね。

他にもダイレクトワン評判などチェックしてみて、自分に合った会社を選びましょう。